花粉の時期は吉祥寺の水口病医院へ

花粉の時期は吉祥寺の水口病医院へ行きます

花粉症の時期、発疹も出るので吉祥寺の水口病院へ

スギやヒノキ、草など花粉症の原因となる物は様々あります。私はスギ花粉から始まり、イネの花粉まであるため、春から秋までずっと花粉症の状態なのです。アトピー性皮膚炎も持っている私は、花粉症の症状が酷くなると鼻や目の症状だけでなく、体のいろんな所に発疹が出ます。そういった時は花粉症で通っている耳鼻咽喉科でも薬はもらえるのですが、私はわざわざ吉祥寺まで行き水口病院の皮膚科を受診します。私が近くでは無い吉祥寺までわざわざ出向き水口病院を受診するのには理由があります。それは水口病院の雰囲気です。受診する患者側からすると非常に行きやすい病院だと思います。受付などのスタッフの方も丁寧で、何よりも先生が他の病院よりも丁寧に話を聞いてくれるのです。私の持っている不安なども聞いた上で、説明し薬を出してくれるので、不安なく治療に臨むことができます。やはり患者の立場になるとそこは重要ですよね。私は吉祥寺の水口病院にはその価値があると思い、吉祥寺まで出向いているのです。

皮膚科は苦手だったのですが吉祥寺の水口病院は違った

私は皮膚科という所が苦手です。小さい頃、体に発疹が出来たのを放っておいて、症状が酷くなってから行った皮膚科で怒られたイメージがあり、皮膚科は怖い所だという事が私の頭の中に刷り込まれているからです。そのイメージは大人になってからも抜けず、皮膚に異常があっても、皮膚科に行くことはせずに市販薬で治していました。ただ市販薬には限界があります。どうしても治らなくなり、皮膚科を受診しないといけない状況になりました。知人から吉祥寺の水口病院が良いという話を聞いていた私は、不安を持ちながら吉祥寺へ行き、水口病院を受診することにしました。少し待ち、私の番が来たのでビクビクしながら診察室へ入りました。診察室へ入ってすぐに私のイメージとは違りました。先生も非常に優しく、一方的に言うのではなくて、私の生活の中で肌に影響のある、入浴時の事やどんな素材のタオルを使っているかなど、色々な事を聞いてくれました。そして私にも分かりやすいように説明してくれました。ここの皮膚科なら怖くないと思い、それからは皮膚に異常が出ると、吉祥寺の水口病院に通うようになりました。

Comments are closed.